仮想ルーター(CHR)の導入を行う

こんにちは。あやかです。
今回は仮想ルーターの構築を行いたいと思います。

今回使用する仮想ルーターアプライアンスはMikroTik社のCloud Hosted Router(CHR)です。
選定理由は様々ありますが、価格と上位(?)ルーターのCCR1009と同じOS(RouterOS)である点で導入を決めました。
EuroDKで購入すれば、1Gbpsまで使用可能なCHR P1ライセンスが28USDで購入できます。

CHRのソフトウェア自体は無償で公開されており、ライセンスがない状態でも1Mbpsに速度が制限されるのみで使用可能です。
気になる方はぜひお試しください。

まずは、MikroTik社のサイトからVMDK形式のOSイメージをダウンロードします。
RouterOSには、Long-term/Stable/Testing/Developmentの4つのアップデートチャネルがあります。
常用するのであれば、Stableあたりを選択するのが無難だと思います。

RAMリソースのサイジング方法はマニュアルのこちらに記載があります。
今回CHRには2CPUコアを割り当てます。また、最低限必要なインターフェース数は5個ですが、余裕を見て8個として計算を行います。
RAM = 128 + [ 8 × (CPU_COUNT) × (INTERFACE_COUNT – 1) ]
= 128 + [ 8 x 2 x (8 – 1)]
= 240
キリが悪いため256MBのRAMを割り当てることとにします。

ディスクリソースについては、最大値の16GBとすることにしました。

ESXiへのインストール方法は、少しバージョンは異なりますがこちらのWikiを参照しながら行いました。

というわけで、仮想ルーターアプライアンスとしてMikroTik社のCloud Hosted Router(CHR)を導入したという記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です